Wednesday, May 25, 2016

PAT METHENY with ANTONIO SANCHEZ, LINDA OH & GWILYM SIMCOCK @Blue Note Tokyo 2016/5/22




-1st Set-
Intro - Into The Dream  (Pikasso guitar Solo)
So May It Secretly Begin
Have You Heard
Travels
Missouri  Uncompromised
Unquity  Road
Better Days Ahead
(New Ballard Tune )
The Red One
Midwestern Nights Dream
Minuano  (Six Eight)

-Encole-
Phase Dance - Last Train Home (Ovation Guitar Solo)

-2nd Set-
Make Peace - The Sound of Water  (Pikasso Guitar Solo)
So May It Secretly Begin
Bright Size Life
Unity Village
What Do You Want?
Say The Brother’s Name
Tell Her You Saw Me
Minuano  (Six Eight)
Farmer’s Trust (Solo)
(New Ballad Tune)
(New Blues Tune)

How Insensitive (Pat with Linda Duo)
Phase Dance (Pat with Gwilym Duo)
Question & Answer (Pat with Antonio Duo)

-Encore-
And I Love Her (Ovation Guitar Solo)

===================================================

PMG初期の70年代から90年代はじめの黄金時代の曲が
ニュージェネレーション新鋭カルテットで蘇った!!

2008年イヤーエンドから2009年ニューイヤーに開催された
同じブルーノートでのクラブ講演では「SONGBOOK LIVE」と銘打たれ、
盟友、ライル・メイズ、スティーブ・ロドビー、そしてアントニオという
カルテットで、過去の名曲が当時のアレンジに近いまま演奏された。
このときは、パットのギターもメイン以外は、当時のものが使用され、
とってもノスタルジーを感じさせるものだった。

今回のパットのギター 。。。。 Daniel Slamon というブランドのもの
その音色は、ウォームかつウェットなクリーントーンな印象。
ピック弾きより、フィンガーピッキングの方が味わいあるトーンを奏でていた。

この日のパットの服装は。。。
青のギンガムチェックのシャツに、濃紺のカラーデニム、でこぱちスニーカー
最近は、昔の定番イメージだった L/S ボーダーは 、着ないようだ

最も印象にのこった曲は、
1st「Travels」 ...... 珠玉のバラード、個人的にはライブで聴くのは初!
1st アンコールのソロ .....  バリトンギターではなく、オベーションギターでの演奏。
2ndセットでのパットとそれぞれのメンバーが交替したデュオも新鮮だった。
また、新曲 (3曲 )の中では、バラードが秀逸
1st 牧歌的なもの・2nd 郷愁をさそうものだった!
うち1曲は、できたてほやほやなのか・・・床に譜面をみながら弾くパットの姿があった

その日のステージが最後だと思って演奏しているというパット。。。
息を止めながらつま弾く様子や息使いが聞こえてきそうなバラードでの演奏

今回は、馴染み曲のパットの演奏を目の前で見ることができて幸せだった

MCは、メンバー紹介のみだったが、いつものパット・スマイルは、健在!!!
ファンを大事にしている様子がすばらしい!
常に新しいチャレンジと発見、あらためて感動をありがとう!!

Monday, May 23, 2016

JOHN PATITUCCI featuring ADAM ROGERS, STEVE CARDENAS & BRIAN BLADE @Cotton Club Tokyo 2016/5/22



Setlist
1.  THE WATCHMAN  (Wayne Shorter)
2.  BAND OF BROTHERS
3.  EASE IT  (P.Chambers)
4.  I'M IN LOVE (B.Woomack)
5.  JEALOUS GUY (J.Lennon)
6.  JACK JOHNSON / EVIDENCE  (M.Davis / T.Monk)
7.  I FALLING LOVE TOO EASILY

Wednesday, October 07, 2015

PAT METHENY with BNT ALL STAR JAZZ ORCHESTRA @YOKOHAMA RED BRICK STAGE Sep.27th,2015




−Member−
Pat Metheny (g)
Scott Colley (b)
Danny Gottlieb (ds)
Eberhard Weber (b) w/ "Hommage"

Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra
Eric Miyashio (conduct. tp)
Masato Honda (as)
Kazuhiko Kondo (as)
Osamu Koike (ts)
Yoichi Murata (tb)
Masaki Hayashi (p)
Tamao Fujii (per)
and more.......

−Set List−
1. Have You Heard
2. Hommage
3. Last Train Home
4. First Circle
5. Song For Bilbao
6. Are You Going With Me

------------------------------------------------------------------------------

「BLUE NOTE JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2015」 横浜赤煉瓦倉庫 特設ステージで開催!

パットの日本での野外ライブは、1992年の
『Live Under The Sky 1992』以来、なんと23年ぶりらしい。

YouTube  ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=jG6x1olaNW0
凄いメンツ揃い。。。ヤバい。。。

このときのPMGの演奏、あらためてみると、黄金メンバーだ。。。とくに、
パットのES175の音とペドロアズナール(vo, per, g)の声によるシナジーが格別!!!
服装は、ダサク年代を感じさせるが、高く完成された演奏をきかせてくれる。

今回のパットは、旧友&オーケストラをフィーチャーした1日限りのライブ。
ダニー・ゴットリーブとエバーハート・ウェーバーは、PMG初期のメンバー
でリユニオンといえる。
”Hommage” は、ドイツ政府に依頼されて、パットがエバーハートのベースソロ
のライブ記録から厳選した音源を基にあらたに作曲されたものだった。
トータル1時間少しのライブ。。。最近のPMGやユニティバンドのような緻密さや
意外性はすくなかったが、まずまず楽しめた。
強いて言えば、選曲も含めて想定内だったので、ワクワクさがもう少しほしかった。
------------------------------------------------------------------------------

続く、ロバートグラスパー・トリオのライブの4曲目で、スペシャルゲストとして、
なんと、パットが登場。。。意外な組み合わせで会場がどよめきたった。

ニット帽を被り、カジュアルでラフな格好のパット。。。とても新鮮だった!



Thursday, April 30, 2015

Paul McCartney ’OUT THERE JAPAN TOUR 2015' @ Tokyo Dome April 25th,2015




  1. Eight Days a Week
  2. Save Us
  3. All My Loving
  4. Jet
  5. Let Me Roll It    [LesPaul Delax Painted]
  6. Paperback Writer   [60's Epiphone Casino]
  7. My Valentine  (For Nancy)
  8. 1985 (Nineteen Hundred and Eight Five)
  9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen a Face  [Martin D28]
12. We Can Work It Out  [Martin D28]
13. Another Day
14. Hope For The Future
15. And I Love Her  (Solo -Martin D28)
16. Blackbird  (Solo -Martin D28)
17. Here Today  (For John)
18. New
19. Queenie Eye 
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Lovely Rita
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something  [George's ukulele- Martin D28]
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
-Encore1
32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. Can't Buy Me Love
-Encore2
35. Yesterday [Epiphone 1964 texan]
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

HIROMI SOLO LIVE @ Blue Note Tokyo 2015/4/19



-setlist-
1.  I've Got Rhythm
2.  If...
3.  BRAIN TRAINING
4.  Desert On The Moon
5.  Over The Rainbow
6.  Viva! Vegas :
     Show City, Show Girl ~ Daytime In Las Vegas ~ The Gambler
7.  Summer Rain
--------------------------------------------------------------------------------------

Hiromi's sounds always  make us happy!
The most impressive tune was 'Viva! Vegas' medley.
She played  roulette slot-machine effect on  introduction of 'The Gambler ' .
That's fantastic and interactive time for audiences.



Monday, December 01, 2014

Montreux Jazz Solo Piano Competition 2014 in Kawasaki



Winner !!!

First Place:  Ai Kuwabara
・Billies Bounce
・Caravan
・A Little Weird

2nd  Place:  Martha Kato
・Ladies in Mercedes
・SKJ
・After The Rain  (Original)

Sunday, November 02, 2014

Chris Rea "Montreux Jazz Festival 2014"



1. Last Open Road
2. Long Gone
3. Where the Blues Come From
4. Josephine
5. The Truth
6. Till The Sun Morning Sun Shines on My Love and Me
7. Still So Far to Go
8. Stainsby Girls
9. The Road to Hell
=======================================================

Chris Rea started "Last Open Road Tour 2014" in Europe 5 days ago.



Monday, October 13, 2014

Pat Metheny Unity Group KIN(←→) Japan Tour 2014/10/9

Member
 Pat Metheny (g)
 Chris Potter (sax,fl)
 Antonio Sanchez (ds)
 Ben Williams (b)
 Giulio Carmassi (Vo, kb, tp)

Setlist
 1. Pikasso Guitar Solo
     〜In To The Dream

---Unity Band set---
 2. Come And See
 3. Roofdog
 4. The Bat
 5. Police People
 6. Folk Song #1

---Unity Group set---
 7. Kin
 8. Rise Up
 9. Born
10 Genealogy
11 On Day One

--- Duo set---
12 Bright Size Life (w/ B.Williams)
13 TuneUp (w/ C.Potter)
14 Dream Of The Return (w/ G.Carmassi & Mini-Ochestrion)
15 Go Get It (w/ A.Sanchez)
---Unity Group ---
16 Have You Heard

---encore---
17 Are You Going With Me
18 Solo Medley (Phase Dance -Minuano -The Sun In Montreal -Midwestern Nights Dream -
                           As It Is -Antonia -Last Train Home)
19 Good Life
20 And I Love Her

===============================================================

約10年ぶり、すみだトリニティホール での講演。。。WayUp ツアー以来だ!
18:30 すぎ ライトダウンととも場内拍手が鳴り響く中、パット自身の声と
思われる ”Please Welcome to .... Pat Methny ” のアナウンスで開演!!
きらびやかなピカソギターのソロでスタート。。。
静寂なイントロから” Into The Dream ”へ
会場のトリニティホール 音響がイマイチな印象。。。
そして、前作カルテットのユニティバンド 4人のメンバーでの演奏がはじまる。
ライブならではのソリッド感。。。とてもいい!!(PAの調子がすこし改善)
つづくユニティ・グループの演奏は、音の厚みがでて、まさに3Dだ!!!
新参のジュリオ・カルマッシは、ステージ後方奥で横向きでピアノに向かう。
なんだか新規メンバーというよりサポートメンバー扱いで、印象が薄い。
そして、おなじみ「ミニオーケストリオン」も登場。
とくに印象的だったのが、”Rise Up” 
メセニーの奏でるマンザーギターの高速リフのギターの音色は、鳥肌モノだった!

今回のライブのハイライトのひとつ、パット&メンバーによるデュオにつづく
”Bright Size Life” .... ベースのベンとのアコースティックデュオ
”Tune Up” ....  サックスのポッターとの炎がでるような激突デュオ
”Dream Of The Return” ....  カルマッシのボーカルをフィーチャーし、自動演奏のミニオーケストリオンが加わるバラード。オベーションギターを手にしたパットは久しぶりだった!
”Go Get It” ....  エレアコギターがディストーションで暴れる、ドラムスのサンチェスとのデュオ

本編最後は、5人によるユニティグループでのなつかしいPMGの曲。。。”Have You Hard”
カルマッシのボーカルとオーケストリオンのボトルオルガンがいい味付けをしていて、音の厚みがあったが、心なしか管楽器系の余計な音が気に障った。

そして、アンコールは、なんと4曲!!!!
アコースティック・メドレーでも、パットはオベーションのエレアコギターを手にしていたが、音色とサステインがイマイチ。。。音はマンザーのナイロン弦のほうがいい
最後は、ビートルズの ”And I Love Her” で、ライブは締めくくられた。

いろいろ気になるところはあったが、新しい事にチャレンジしつづける姿勢を示すパットは、成熟期は過ぎて、円熟期を迎えているんだと実感した。
以前のように感動に震えるほどではないが、とても満足なライブだった!